Top > 戦闘中会話 > Chapter4

Chapter4 〜愛にすべてを〜 Edit

ドグーラ峠? Edit

戦闘開始前
南天騎士団警備兵 我らがここを守る限り
 これ以上、先へは進ません。

自治都市ベルベニア? Edit

戦闘開始前
神殿騎士メリアドール 私の名はメリアドール!
 弟の仇を討たせてもらうわッ!!
剣士ラムザ 弟の仇だって?
 何のことだ?
神殿騎士メリアドール シラを切るつもり!
 リオファネス城でおまえが殺した
 イズルードは私の弟ッ!!
 フューネラル教皇猊下の命令ではなく
 死んでいった弟のために
 あなたを討つッ!!
メリアドールHP減少後?ラムザAT時
剣士ラムザ 待ってくれ! イズルードを…
 彼の命を奪ったのは僕じゃない!
 リオファネス城で何があったか
 知っているんだろう?
 あれは人間の業ではない!
 イズルードはヤツに…
 ルカヴィに殺されたんだッ!!
神殿騎士メリアドール ルカヴィですって? ルカヴィが
 現れて弟を殺したというのッ!?
 ハハハハ、これは傑作だわ!
 どうせなら、もうちょっとマシな嘘を
 ついたらどうなの!!
剣士ラムザ きみもイズルードと同じだ。
 真実を知らされていない!
 きみたちは皆、悪しき者どもの
 手の上で踊っている哀れな操り人形で
 あることに気付いていない!
 聖石はただ“信仰”されるためだけの
 クリスタルではない!!
 奇跡を呼ぶ“力”を持っている!
 その“力”は使う側によって違うが、
 少なくとも奴らは
 悪しき目的のために利用している!
 目を覚ませ、メリアドール!
 きみはヴォルマルフに
 だまされている!!
神殿騎士メリアドール そんな話を信じると思うの?
 ばかばかしい!
 ヴォルマルフは私たちの父よッ!!
剣士ラムザ !!
上記会話後かつメリアドールのHP半減の状態でメリアドールAT時
神殿騎士メリアドール …弟は本気でこの腐りきった畏国を
 救おうと考えていた!
 たしかに私たちの計画は乱暴かも
 しれない…。しかし“変革”には
 “痛み”が必要だ!
 “痛み”なくして真の“変革”など
 ありえないわ!!
 自分の背負った宿命すら全うできない
 おまえのような“甘ちゃん”に
 この世界を変えられるものか!!
上記会話後かつメリアドールのHP半減の状態でラムザAT時
剣士ラムザ 頼む、僕を信じてくれ!
 彼の命を奪ったのは僕じゃない!
 戦うべき相手は僕じゃない!!
 ルカヴィは実在するんだ!
 きみが父親だと信じているその男は
 もう人間じゃない! ルカヴィに
 心と身体を奪われた悪魔なんだよ!
神殿騎士メリアドール しつこいわよ、ラムザッ!
剣士ラムザ どうしたら信じてくれるんだ…!
メリアドール瀕死or戦闘不能時
神殿騎士メリアドール く…、つ…、強い…!
 ウィーグラフがやられるわけね…!
 いいこと、おぼえておきなさい!
 次に会うときこそ、
 おまえが死ぬときよ! いいわね!

フィナス河? Edit

戦闘開始前
剣士ラムザ この河…、思ったより深そうだ。
 移動に気をつけないとヤバそうだ…。

町外れの教会? Edit

戦闘開始前
異端審問官ザルモゥ 貴公は黒羊騎士団のハイラル!
 何故、貴公がここに!?
騎士ディリータ …姿を見られたからには
 生かして帰すわけにはいかないな!
 やるぞ、ラムザッ!
剣士ラムザ 彼らは教皇の謀略など知らされずに
 その片棒を担がされているだけだ!
 理由をきちんと説明すれば
 わかってくれるかも…。
騎士ディリータ …まだ、そんな甘いことを
 言っているのか?
 …まぁ、がんばってみるんだな!
ザルモゥAT時(瀕死?)
異端審問官ザルモゥ 自分のしていることを
 わかっているのか?
 奴は第一級の異端犯罪者なのだぞ!
 異端者を助けた者もまた
 その罪を問われることになる!
 黒羊騎士団の団長ともあろう者が
 我ら異端審問会に
 逆らおうというのか!?
騎士ディリータ わかっている! だから、貴様たちを
 皆殺しにしようとしているんだよ!
異端審問官ザルモゥ なんと!!
 神をも畏れぬ不届き者めッ!!
 その行為はこの世の秩序を乱し、
 神の創りたもうた自然の摂理に
 逆らうことを意味しているのだぞ!
 貴様は神に逆らおうというのか!!
騎士ディリータ 何が“秩序を乱す”だッ!
 貴様の言っている“秩序”など
 貴様たちにとって都合のいい
 “秩序”でしかないッ!!
 人心を操るために“神”の名を利用し
 作り出した“秩序”など笑止千万!
 人々の弱い心につけ込む貴様たちに
 “神”を語る資格などあるものかッ!
上記会話後ラムザAT時
剣士ラムザ この際、“神”の話はどうでもいい!
 それよりも“真実”を見て欲しい!
異端審問官ザルモゥ “真実”だと?
 冤罪(えんざい)とでも言うのか?
 我々異端審問会は、貴様に
 枢機卿殺害と聖石強奪の容疑について
 釈明の機会を与えようとした!
 だが、その機会を棄てたのは貴様だ!
 逃げた行為そのものが貴様の容疑を
 確かなものとしている!
 我々は異端審問会において
 異端者ラムザ・ベオルブを
 有罪と認め処刑の判決を下した!
 今さら何を言っても遅いわッ!!
剣士ラムザ く……、戦うしかないのか!!
戦闘終了後
異端審問官ザルモゥ ……神よ、…罪深き者どもに
 天罰を……与えたまえ……

ベッド砂漠? Edit

戦闘開始前
神殿騎士バルク …全部、バラまいたな。
 うむ、なかなかいい風だ。
 これなら半日は滞空しているだろう。
 十分だ。
 …おやおや、こんなところで
 貴様に出会うとはな。
剣士ラムザ 神殿騎士団がこんなところで
 何をしているんだ?
 バラまいた…って言っていたな。
 いったい何をバラまいたんだ!?
神殿騎士バルク 知りたいか…?
 まあ、いいだろう、教えてやる。
 今さら知ったところで
 貴様には何もできないからな。
剣士ラムザ 言えッ!
 何をバラまいたっていうんだッ!!
神殿騎士バルク これさ…!
剣士ラムザ …毒かッ!!
神殿騎士バルク そうさ。粉末状の毒を北天騎士団の
 陣地に風に乗せて散布したのさ。
 吸引した兵たちは、死にこそしないが
 体調を崩して、
 まともに戦えなくなるだろう!
剣士ラムザ ゴルターナ公を勝たせるのが
 教皇の意思ではないはず!
神殿騎士バルク そのとおりだ。
 北天騎士団がまともに戦えなくなると
 すれば、南天騎士団はせん滅のために
 ほとんどの兵を要塞から出すはず。
 その隙に、ゴルターナ公と
 オルランドゥ伯を暗殺するのさ。
 もちろん、混乱に乗じてラーグ公を
 討つ手筈も整っている。
 毒による混乱のおかげで
 ラーグ公を暗殺する方が
 簡単だろうな。
剣士ラムザ なんてことを…!!
神殿騎士バルク 喜んだらどうだ?
 戦争は終わるんだぜ!
 これからは、オレたちが
 権力の中枢に立つんだ!
 …民衆もそれを望んでいるぜ!
 貴様のような貴族どもに支配される
 王国なんぞ、もうご免だってな…。
剣士ラムザ そんなことはさせない!
 僕が別の方法で戦いを止めてみせる!
神殿騎士バルク そう言うと思ったぜ!
バルクHP減少後?バルクAT時
神殿騎士バルク 貴様はこの戦いをやめさせた後、
 どうするつもりなんだ?
 この腐ったイヴァリースを
 どうやって浄化するつもりなんだ?
 貴様だってわかっているはずだ。
 腐った部分を切り捨てない限り、
 同じことの繰り返しだってな。
剣士ラムザ 切り捨てることが
 唯一の解決策だというのか!
 皆が皆、腐っているわけじゃない!
 そうじゃない人だって
 たくさんいるんだ!
 争いを起こさなくたって
 どこかに解決策があるはずだ!
神殿騎士バルク 解決策なんぞあるものか!
 貴様たち貴族がいる限り、
 オレたちは“搾取される側”で
 いなけりゃならない!
 だがな、人間が二人いたら
 “対等”なんて関係はないんだ!
 片方は“搾取される側”なんだよ。
 だったら、オレは
 “搾取する側”にまわってやる!
 貴様たちをけ落としてなッ!
 そのくらいの“権利”は
 オレにだってあるだろ?
剣士ラムザ それこそ、同じことの
 繰り返しじゃないかッ!
 自分さえよければいいのか?
 いつか、同じような考えの人間に
 滅ぼされることになるぞ!
神殿騎士バルク きれいごとばかり言いやがって、
 この偽善者めッ!!
戦闘終了後
神殿騎士バルク くそッ! オレは…こんなところで…
 死ぬ男じゃ…ないはずだ……
剣士ラムザ 急がなければ……。

ベスラ要塞城壁南? Edit

戦闘開始前
南天騎士団騎士 貴様たちは何者だ?
 どこから侵入したんだ?
剣士ラムザ 僕らは北天騎士団じゃない!
 オルランドゥ伯に会いに来たんだ!
 オルランドゥ伯に会わせてくれ!
南天騎士団騎士 オルランドゥ伯に会いに来ただと?
 そうか、貴様たちが
 ゴルターナ公閣下を
 暗殺するために雇われた奴らだな。
 ばかめッ!
 オルランドゥ伯なら
 すでに捕らえて牢獄の中だ!
 だが、心配するな!
 すぐに貴様たちと会わせてやるさ!
 牢獄の中でなッ!!
戦闘終了後
剣士ラムザ 両軍が激突する前に
 なんとかしなければ…!!

ベスラ要塞城壁北? Edit

戦闘開始前
南天騎士団騎士 北天騎士団ともあろう者が
 正面から攻めてくるとはな!
 よし、一気に奴らをせん滅するぞ!
 かかれッ!!
戦闘終了後
剣士ラムザ 両軍が激突する前に
 なんとかしなければ…!!

ベスラ要塞水門前? Edit

戦闘開始前
剣士ラムザ …そうか、この水門だ!
 この水門を開けて、湖の水を下流に
 放出すれば、水浸しになって
 戦いどころじゃなくなるぞ!
ラムザAT時
剣士ラムザ 水門を開けるにはどうすれば?
 …そうか、あの水門の両端にある
 レバーを引けばいいんだ!
 レバーは2ヵ所あるようだけど、
 まずは敵にやられないように
 近づかなきゃ……。
ラムザがレバー上に移動(1ヵ所目)
剣士ラムザ …よし、
 これを引っ張ればいいんだな。
 もう一方のレバーも
 引かなけりゃダメか…!
ラムザがレバー上に移動(2ヵ所目)
剣士ラムザ …これを引っ張れば終わりだ!

※敵全滅時はそのまま戦闘終了。

ゲルミナス山岳 Edit

戦闘開始前
山賊・爆裂団の頭目 ここを通りたいンなら、
 有り金を全部置いていきな。
 おっと、剣から手を離すンだ。
 でないと命まで失うことになるぞ!
山賊・爆裂団の一人 かしらッ!
 そいつは“異端者”ですぜッ!
 しかもえらく高額なギルの
 かけられた賞金首だッ!
 有り金を巻き上げるよりも殺して、
 首だけ異端者審問会に持っていった方が
 いいんじゃないですかッ!
山賊・爆裂団の頭目 そういや、手配書で見たツラだな
 オレたちが賞金稼ぎみてぇなマネを
 するのも気がひけるが、
 ギルのためだ、やっちまえッ!! 

ポエスカス湖 Edit

戦闘開始前
ポエスカス湖の亡霊 我々の眠りを妨げるのは誰だ…?
 ……!!
 貴様は聖石を持っているのか…?
 ならば、その聖石をよこせ…!
 それがあれば、我らは、
 もっと高い次元に行けるのだ…!!

ランベリー城城門前? Edit

戦闘開始前
剣士ラムザ 人の気配がしない。
 無人の廃墟というのは本当なのか?
 入口が開いているぞ…。
 ……嫌な雰囲気がする。
 この気配は……、そうだ、
 キュクレインやベリアスと
 対峙した時のあれだ……。
若い女性の声 ようこそ、ランベリー城へ。
セリア 待っていたわよ、坊や。
若い女性の声 私たちが手厚い歓迎をしてあげるわ。
レディ 熱いベーゼで殺してあげるから
 逃げちゃイヤよ。
剣士ラムザ くそッ! やっぱり罠かッ!!
セリアorレディ戦闘不能時
セリア 妹を返して欲しいなら、
 勇気を出して中へ進みなさい!
レディ 中で待ってるわ。
 早く来てね!
剣士ラムザ アルマッ!!

ランベリー城場内? Edit

戦闘開始前
エルムドア侯爵 リオファネス城で受けたあの屈辱を
 晴らさせてもらおうか。
剣士ラムザ アルマは…、僕の妹はどこだ!
 どこにいるッ!!
エルムドア侯爵 知りたいか! 知りたいのなら
 この私を倒してからにするのだなッ!
エルムドア瀕死or戦闘不能時
エルムドア侯爵 う……、た、確かに強い……。
 なめたわけではない……。
 なめたわけではないが……、やはり、
 この“肉体”では無理なのか……。
 地下だ……、地下に来い……。
 妹はそこにいるぞ……。
剣士ラムザ 逃すものかッ!!

ランベリー城地下入口? Edit

戦闘開始前
謎の声 どこへ行こうっていうんだ?
 地下へ行くつもりなら 通せねぇぜ。
剣士ラムザ どこだ! 姿を現せッ!!
謎の声 相変わらずの甘ちゃんだぜッ!
 ここさ!
アルガス フン、またおまえに会えるとはな。
 なんてラッキーなんだ、オレは。
剣士ラムザ アルガス!!
 バカな! おまえは死んだはずだ!!
アルガス 違うな、生まれ変わったのさ!
 オレは選ばれたんだよ。
 偉大な力にふさわしい者としてな。
 おまえとはここで決着をつけてやる。
 楽に死ねると思うなよ!
 フン!
 オレたちにかなうとでも思うのかッ!
 やれ!
 このゲス野郎どもを殺すんだッ!!
ラムザAT時
剣士ラムザ おまえも魂を売り渡したのか
 そこまでして力が欲しいかッ!!
アルガス 何とでも言え!
 おまえのような坊ちゃん育ちには、
 オレの気持ちなんかわかりゃしないさ。
 なけなしの報酬で
 こき使われる気持ちがわかるかッ!!
 平民にまでバカにされ、それでも
 必死で這い上がろうとする気持ちが
 おまえにわかるかッ!!
 これからは、強いヤツだけ生き残る。
 今までオレをバカにしてきた連中は
 皆殺しにしてやる!
剣士ラムザ そうはさせるかッ!!
アルガスAT時
アルガス フン、妹一人守れやしないおまえに
 いったい何ができるってんだ、ええ?
 ベオルブ家の御曹司ともあろうものが
 無力なもんだな。
 はっはっはっ、いい気味だぜ!!
剣士ラムザ だまれッ!!
アルガス 地下にいる妹も、すぐにおまえの後を
 追わせてやるさッ!
 ディリータの妹みたいになッ!
アルガス瀕死時
アルガス くッ…………何故だッ!!
 何故こんなヤツなんかに…………。
戦闘終了後
アルガス か…かあ…さん……
 た………たすけ……て………。
剣士ラムザ アルマッ!!いま行くぞ!!

ランベリー城地下墓地? Edit

戦闘開始前
剣士ラムザ エルムドア! 観念しろ!
 貴様に勝ち目はないぞ!
 アルマをおとなしく返すんだ!
エルムドア侯爵 …ククク。ばかめ……。
 この城に貴様の妹などいるものか!
 ここにいるのは……、
 ほぅら、死霊ばかりさ……。
 貴様もこの墓地で朽ち果てるがいい!
死の天使ザルエラ さあ、今度こそ、決着をつけよう…!
神殿騎士メリアドール どういうこと!?
 侯爵がバケモノにッ!??
メリアドールAT時
神殿騎士メリアドール これが…、
 これが聖石の力だというの?
剣士ラムザ 僕の言ったことが本当だってこと、
 これでわかったろう!
 きみの弟のイズルードは
 その事実に気付き、
 奴らと戦って死んだんだ!
神殿騎士メリアドール そんな…、そんなことって……!
 …父は、父・ヴォルマルフは
 そのことを知っているの?
剣士ラムザ それは……。
死の天使ザルエラ フハハハハ。
 貴様がヴォルマルフの娘か!
 貴様もイズルード同様、
 我々に相応しくない
 “肉体”だったな…。
 だが、貴様の父は
 相応しい“肉体”だったぞ…。
神殿騎士メリアドール では、父は……!!
死の天使ザルエラ そうだ、奴は我ら闇の血族の一員。
 貴様の父ではないわ…。
 だが、些細なことだ、気にするな。
 どうせ、貴様もラムザと
 一緒にここで死ぬのだからな!!
上記会話後ラムザAT時
神殿騎士メリアドール あなたの言っていたことは
 本当だったのね…。
 悪かったわ…。
剣士ラムザ いいんだ、メリアドール。
 それよりもイズルードの仇を討とう!
戦闘終了後
死の天使ザルエラ ハシュマリムよ……すまぬ……。
 あとは頼んだぞ…。

イグーロス城城内 Edit

戦闘開始前
ダイスダーグ卿 気でも狂ったのか、ザルバッグ!
 いったい何のまねだッ!!
聖騎士ザルバッグ 兄上ッ、兄上はそれでも
 ベオルブの名を継ぐ者かッ!
ダイスダーグ卿 ラーグ公のことを言っているのか?
 私が討たなくとも死んでいたよ!
 考えてもみろ?
 他人の力を借りなければ
 戦うことのできない奴だったのだ!
 そうした奴が
 戦争を始めたこと自体が
 大きな間違いだったのだッ!!
聖騎士ザルバッグ 主君殺しも恥だが、
 私が許せないのは父上のことだッ!
 何故、父上を…
 父上を暗殺するような卑劣なマネを
 したのだッ!!
ダイスダーグ卿 何のことだ?
 私は知らん! 知らんぞ!!
聖騎士ザルバッグ ラーグ公の最後の言葉…、
 聞き違いかと思ったが……!!
 何故だッ、兄上ッ!!
 何故、父上を殺したッ!!
北天騎士団騎士 ダイスダーグ様ッ!!
ダイスダーグ卿 ザルバッグが乱心したッ!!
 ザルバッグを捕らえよ!
聖騎士ザルバッグ 兄上ーッ!!
剣士ラムザ ザルバッグ兄さんッ!
ザルバッグAT時
聖騎士ザルバッグ ラムザ! おまえの
 言っていたことは本当だった!!
 兄上はおのれの野心のために
 戦争を引き起こし、さらには
 ラーグ公をも謀殺したッ!!
 ベオルブの名を汚し
 地に貶めるその行為、
 許すわけにはいかんッ!!
剣士ラムザ ザルバッグ兄さんッ!
上記会話後、ダイスダーグAT時
ダイスダーグ卿 愚か者どもめ! 何故、私に従わん!
 何故、私に逆らうのだ!
 力を持つ者が持たざる者を
 支配するのは当たり前!
 それは持つ者の責任なのだ!!
 かつて力を有していた王家も
 今では堕ちるところまで
 堕ちてしまった!
 力を持つ我々が王家に取って
 代るのも当然のことではないか!!
 それが正しい力の使い方だ!!
 何故、それを理解せん!!
聖騎士ザルバッグ 兄上は“正義”という心を
 持っていないのか!!
 ベオルブは正義のために剣を振るう
 者にのみ与えられる勇者の称号!
 兄上にはその資格がないッ!!
ダイスダーグ卿 “正義”だと? そんな言葉、
 口に出すのも恥ずかしいわッ!!
 そんな奇麗事で民を治めることなど
 できるものかッ!!
 おまえがそうやって剣を振れるのは
 誰のおかげだと思っている!?
 英雄と呼ばれるのは誰のおかげだ!
 すべてこの私だ!
 この私が手を汚しているおかげで、
 おまえはその立場にいられるのだ!
 感謝されることはあっても
 おまえに恨み言を言われる
 筋合いなどないわッ!!
ダイスダーグ戦闘不能時
ダイスダーグ卿 そ…、そんな……
 おまえたちが邪魔さえしなければ…
 このイヴァリースは……
 ベオルブ家の……ものに……
 なったのだ…ぞ……
 愚か者ども…め……
憤怒の霊帝アドラメレク ククク…、そういうことか……
 そういうことだったのか……
 愚かな弟よ……。
 冥途のみやげに教えてやろう…。
 そうだ……。
 バルバネスはこの私が殺した…。
 私が殺したのだよ……。
 せっかく、ベオルブが君臨する
 チャンスがやってきたというのに、
 あの戦争バカめ……。
 だから、殺してやったのさ……。
 クククク…、どんな剣の達人でも
 毒には勝てんというわけだ……。
 今度はおまえの番だ……。
 逆らったことを後悔するがいい…!!
戦闘終了後
憤怒の霊帝アドラメレク くそッ!!
 まだ…不完全だったか…。
 “血塗られた聖天使”さえ…
 いれば…こんなことには……
 ならなかった………
剣士ラムザ ベオルブ家も、もうおしまいだ…。
 いや…、
 家なんか関係ない…。
 大切なのは、どう生きるかなんだ…。
 アルマ…。
 アルマを助けなければ…!!

聖ミュロンド寺院? Edit

戦闘開始前
神殿騎士団魔道士 止まれッ!
 僧侶以外は立入禁止だ!
 聖ミュロンド寺院に何用か!!
 名と身分を明かし、
 速やかに用件を申せッ!!
剣士ラムザ 我が名はラムザ、
 ラムザ・ベオルブだ!
 神殿騎士ヴォルマルフに拉致された
 我が妹、アルマ・ベオルブの身柄の
 返還を要求するッ!!
神殿騎士団魔道士 異端者ラムザかッ!!
 正面から来るとは愚か者めッ!!
 貴様に科せられた刑を
 この場で執行してやるッ!!
戦闘終了後
剣士ラムザ アルマ…、今いくぞ!
 待ってろよ…!

聖ミュロンド寺院広間? Edit

戦闘開始前
神殿騎士ヴォルマルフ 貴様がラムザか…。
 会うのは初めてだったな?
 ディナーにでも招待したいところだが
 あいにく多忙でね…。
 許してくれ…。
 そんなわけで、
 貴様の相手をしている時間が惜しい。
 用件だけ伝えよう。
 妹を返して欲しくば、貴様が
 持っている『ゲルモニーク聖典』と
 すべての聖石を渡すのだ…。
 言っておくが、貴様はこの要求を
 拒絶することはできん…。
 渡さぬときは妹の命はないと思え。
 さあ、私の言葉を理解したなら
 さっさと渡してもらおうか…。
剣士ラムザ アルマはどこだ! どこにいる?
 無事な姿を確認できない限り、
 聖典も聖石も渡すことはできないッ!
神殿騎士ヴォルマルフ 私の言ったことが
 聞こえなかったのか?
 貴様に“拒否権”はないのだ。
 もう一度言うぞ、
 聖典とすべての聖石を渡せ!
剣士ラムザ 聖典だけだ!
 聖石はアルマの姿を確認してからだ!
神殿騎士ヴォルマルフ どうだ…?
神殿騎士ローファル …ありました。
 大丈夫、簡単な呪文です…。
神殿騎士ヴォルマルフ よし、それさえわかれば
 奴らは用済みだ…。
 このまま見逃してもよいのだが、
 一応、ベリアスたちの仇を
 討たせてもらおうか…。
剣士ラムザ だましたなッ!!
ラムザAT時
剣士ラムザ どうしてアルマを生かしておく?
神殿騎士ヴォルマルフ なんだと?
剣士ラムザ 自分の息子でさえ容赦なく殺した
 おまえが、何故、アルマだけ生かす?
神殿騎士ヴォルマルフ それはおまえの知るところではない。
 知りたくば、この私を倒すんだな。
メリアドールAT時
騎士メリアドール 父さん…、
 あなたは本当に父さんなの?
神殿騎士ヴォルマルフ もちろんだとも、我が娘よ。
 なぜ、おまえは“そちら側”に
 いるんだ? いったいいつから
 私の敵になったのだ?
騎士メリアドール それは、今の父さんが
 以前の父さんと違うからよ。
神殿騎士ヴォルマルフ …なんのことだ?
騎士メリアドール ランベリーでエルムドア侯爵は
 聖石を使いバケモノに変身したわ。
 リオファネス城の人々を殺し、
 イズルードを殺したのは
 父さんね?
神殿騎士ヴォルマルフ おまえはバケモノというのか…!
 我々をバケモノというのかッ!!
騎士メリアドール !!
 やっぱり、あなたは
 父さんじゃなかったのね…。
神殿騎士の誰か瀕死or戦闘不能時
神殿騎士ヴォルマルフ ここでやられるわけにはいかん。
 ひとまず退却するぞ!!
剣士ラムザ 逃げるのか! 卑怯者めッ!!

聖ミュロンド寺院礼拝堂? Edit

戦闘開始前
神殿騎士ヴォルマルフ これ以上、貴様に
 付き合ってるヒマはない…。
 これでお別れにしたいところだが、
 このまま黙って引き下がる
 貴様ではないだろう…。
 …やはり、貴様にはここで
 死んでもらわねばなるまい。
 我が忠実なる僕(しもべ)たちが
 貴様の相手をしてくれよう…。
 …ちょうど、あつらえたように
 ここには棺がある…。貴様も
 ここで永遠の眠りにつくがいい…。
 そして…、
 貴様の相手はこの男がする…。
剣士ラムザ ザルバッグ兄さんッ!!
神殿騎士ヴォルマルフ この男は貴様の兄にして、我が眷属の
 一員として生まれ変わった…。
 この男と戦えるかな…?
 ハッハッハッハッ…。
剣士ラムザ なんて卑劣な…!!
ヴォルマルフの声 ザルバッグよ…、
 目の前にいるその小僧を殺せ…!
 生かしてこの寺院から出すな!!
ラムザAT時
剣士ラムザ 兄さん、ザルバッグ兄さんッ!
 しっかりして、僕だよ!
聖騎士ザルバッグ …そこにいるのは
 ラムザか……?
 ここは…いったい…どこなんだ…?
 暗くて…よく…わからない…。
 オレは…何をしているんだ…?
 立っているのか…座っているのか…
 手足の感覚が…まるで…ないんだ…。
剣士ラムザ 兄さん、兄さんはヴォルマルフに…、
 ルカヴィに操られているんだよッ!!
聖騎士ザルバッグ オレは……おまえと…
 戦っているのか…? なぜだ…?
 逃げろ…、ラムザ…、
 でないと…オレは……オレは…
 おまえを…殺してしまう……。
剣士ラムザ 兄さーんッ!!
ザルバッグ瀕死時
聖騎士ザルバッグ 頼む……ラムザ……
 このオレを…殺してくれ……
 苦しいんだ…手足の感覚もないのに…
 ひどく…いろいろな部分が……
 痛むんだ……
 そして…なによりも…怖い……
 記憶が少しずつ…あいまいに…
 なっていく……
剣士ラムザ 大丈夫だよ、兄さんッ!
 きっと何か…、何か方法があるよ!
 だから、あきらめないでッ!
 お願いだから、あきらめないでッ!!
聖騎士ザルバッグ いや…もう…オレはだめだ……
 早く…殺してくれ…苦しい…
 誰かが…耳元で…喋ってる……
 誘ってる……泣いている……
 脅している……
 なんとかしてくれ……
 助けてくれ……
 早く、早く楽にしてくれ……。
剣士ラムザ くそッ!!
 ヴォルマルフめッ!!
戦闘終了後
聖騎士ザルバッグ すまない……ラムザ……
 つらい…思いを…させたな……
 アルマを……アルマを…
 助けてやってくれ……
 おまえだけが…頼りだ……
 いくよ…、ラムザ……
 さらばだ……。
 …ありがとう…
剣士ラムザ 兄さーんッ!!

地下書庫 地下四階 Edit

戦闘開始前
神殿騎士ローファル 貴様たちはここを見張っているんだ。
 私はヴォルマルフ様を追うッ!
神殿騎士 ハッ!
剣士ラムザ …この地下書庫に何があるんだ?
戦闘終了後
神殿騎士ローファル …ここは、私にお任せを。
神殿騎士ヴォルマルフ うむ、頼んだぞ、ローファル。
神殿騎士ローファル …ファル………ケオ……デ……ンダ!
 ゾーダ……ム……フェ…リオ…
 我は時の………ーラと契……し者、
 悠……時を経てこ……時………えよ、
 我にその………け! ………ン!!
剣士ラムザ 逃すかッ!!

地下書庫 地下五階 Edit

戦闘開始前
神殿騎士ローファル 待っていたぞ、異端者ラムザよ。
 これより先には進ません!
 この地下で永遠の眠りにつくがいい!
 この修道院がおまえの墓場なのだッ!
ローファルHP減少後?ラムザAT時
剣士ラムザ この感じ……、
 セリアやレディと戦った時と同じ!
 おまえは人間ではないな…?
神殿騎士ローファル ああ、たしかに私は人間ではない…。
 人間を超越した者だからな…。
 ヴォルマルフ様のお力により
 老いることや無知であり続けることを
 やめ、永遠の命を手に入れた…。
 くくくく…、
 貴様にはこの喜びがわかるまい。
剣士ラムザ おまえたちの狙いはなんだ?
 いったい何が望みだ?
神殿騎士ローファル 知りたいか、
 異端者ラムザよ。
 それを知りたくば、
 この私を倒して先へ進むのだな。
 …もっとも、それはできぬ相談か!
戦闘終了後
神殿騎士ローファル …ここで、死ぬわけにはいかん。
 まだ、役目が終わっていないのだ…。
 異端者ラムザよ……
 貴様を地獄に…招待してやろう……
 …ファルオス・ケオス・デ・バンダ!
 ゾーダ・ラムド・フェオリオ…
 我は時の神ゾマーラと契約せし者、
 悠久の時を経てここに時空を超えよ、
 我にその門を開け! デジョン!!

死都ミュロンド Edit

戦闘開始前
神殿騎士クレティアン そうか…、ローファルが
 やられたのか…!
 ならば、ここで、私が貴様たちを
 食い止めねば、ローファルに会わす
 顔がないな…。ゆくぞッ!!
クレティアンHP減少後?ラムザAT時
剣士ラムザ ヴォルマルフはどこだ!
 どこへ行った!!
神殿騎士クレティアン どこへだと…?
 これは異なことを。
 この死都へ来たのは
 我らが主・聖天使を復活させるため。
 いや、正確には…
 融合したアジョラの死によって
 不完全な形で現世に留まる我らが主を
 その眠りから呼び覚ますためだ。
 ヴォルマルフ様の目的地は
 我らが主の魂が眠る場所…、すなわち
 アジョラが最期を迎えた場所だよ!
剣士ラムザ そこはどこだ!
 どこなんだッ!!
神殿騎士クレティアン それを知りたくば
 この私を倒してからにするんだな!!
戦闘終了後
神殿騎士クレティアン うぐ……、す、すまない……
 ローファル………。
剣士ラムザ あっちか!?

失われた聖域 Edit

戦闘開始前
神殿騎士バルク …小僧、会えて嬉しいぜ。
 この前は不覚をとったが
 今度はそうはいかねぇ。
 この死都をおまえの墓場にしてやる!
バルクHP減少後?ラムザAT時
剣士ラムザ …おまえもルカヴィの手先に
 成り下がったんだな。
 そこまでして
 生きていたいのか…!
 哀れだな!
神殿騎士バルク いいもんだぜ、小僧。オレはようやく
 本物の人間になれたんだからな!
剣士ラムザ 人間だと? 悪魔に魂を売った者の
 どこが人間だというんだ!
神殿騎士バルク “死”を超越することでオレは
 人間という種のトップに立った。
 もう貴様ら貴族どもに
 不当な扱いを受けずにすむ…、
 貴様らの顔色を窺わずにすむんだ!
 オレは本当の“自由”を手に入れた!
 オレは本物の“人間”になれたんだ!
 これで“平等”な扱いを受けられる!
剣士ラムザ それで本物の“人間”だって?
 笑わせるな、バルク!
 自分の力で勝ち取らない“自由”に
 何の意味がある?
 人間は“誇り”を失った瞬間から
 “自由”ではなくなるんだ!
 おまえのように“誇り”を失い
 貴族の顔色を窺った瞬間からすでに、
 “自由”を放棄していたんだ!
 この世に“平等”なんてあるものか!
 “平等”は与えられるものじゃない!
 自分で勝ち取る“権利”なんだ!!
 ルカヴィの力を借りて手にした
 “自由”なんてニセモノだ!
 おまえは“裸の王様”なのさ!!
戦闘終了後
神殿騎士バルク そんな…オレは死ぬのか…
 “死”を超越したはずでは…?
剣士ラムザ 聖石が共鳴しているのか…?
 あっちだな…。

飛空艇の墓場 Edit

戦闘開始前
神殿騎士ヴォルマルフ …何故だ、
 何故、ヴァルゴが発動しないのだ?
 この空間に聖天使の魂が漂っている、
 それは間違いない…。
 何故だ……。
 アジョラの
 生まれ変わりではないのか…?
 …いや、そんなはずはない。
 確かにヴァルゴは反応した。
 …来たか。
剣士ラムザ ヴォルマルフ、そこまでだ!
 ヴァルゴは発動しない!
 あきらめて、おとなしく
 アルマを解放するんだッ!!
神殿騎士ヴォルマルフ いいや、発動するさ…。
 …が足りないだけなのだ。
 聞こえなかったか…?
 “血が足りない”と言ったのだ。
 “血塗られた聖天使”の再臨には
 多くの血が必要だ…。
 聖アジョラの死後、十数世紀にわたり
 イヴァリースの大地に多くの血が
 流されたが、まだ足りないらしい。
 …仕方ない。
 地上へ戻って
 もう一暴れしてこようか…。
 ククク……
 心配するな。
 その前に貴様たちを
 “生け贄”にしてやろう…。
統制者ハシュマリム …我が主、“血塗られた聖天使”よ、
 ワインよりも濃く
 灼熱の溶岩よりも熱い
 “血”をその復活のために捧げよう!
ラムザAT時
剣士ラムザ アルマ!
 しっかりしろ!
 お願いだ!
 目を開けてくれ!!
 アルマッ!!
統制者ハシュマリム 無駄だ…。
 そんな呼びかけでは起きん…。
剣士ラムザ アルマに何をしたッ!!
統制者ハシュマリム 本来の姿を取り戻すには、娘の意識が
 覚醒していては困るのだよ…。
 次に目覚めるときは
 自分の使命を思い出しているだろう。
 この世界に我々の仲間を喚ぶという
 重大な使命をな……。
戦闘終了後
統制者ハシュマリム 我が主よ…、まだ…
 まだ目覚めぬのか……。
アルマ う…うう……
 こ…、ここは……?
剣士ラムザ アルマッ!!
アルマ ラムザ兄さん……?
統制者ハシュマリム ここまできて………
 邪魔をさせるものか……
 “血塗られた聖天使”よ……
 我が命を……復活の贄に……
 捧げようぞ………ッ!!
聖アジョラ 身体を取り戻したぞ……。
剣士ラムザ アルマーッ!!

飛空艇の墓場 Edit

戦闘開始前
聖アジョラ うう……、なんだ……、
 これは………?
 うぐぐ……
 に…兄さん………
 助けて……
剣士ラムザ アルマ!!
聖アジョラ ラムザ兄さん……
 やめろ……邪魔をするな……
 じゃま…を…する…な……
 ジャ…マ…ヲ……スル……!!!
剣士ラムザ アルマ!!
 大丈夫か!!
アルマ ……兄さん、
 私は……大丈夫………
 早く…アジョラを……
 倒さなくては……。
聖アジョラ ワタシノ…復活ヲ…サマタゲル…
 ツモリ…カ……
 ソウハ……サセヌ……
 イデヨ……
 ワガ…シモベ…ドモヨ……
 ワタシノ…復活ヲ…サマタゲル者ハ…
 何人タリトモ…許シテハ…オカナイ!
聖天使アルテマ 行クゾ……非力ナル者ドモヨ……!
アルテマ戦闘不能時(1回目)
聖天使アルテマ バカナ……コンナコトガ……
 ソウカ……貴様ハ……、カツテ…
 コノ私ヲ倒シタ者ノ…末裔カ……
 負ケヌ……
 私ハ……負ケヌ……
 貴様タチヲ…殺シテヤル!!
戦闘終了後
聖天使アルテマ モット……チカラヲ………



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-07-25 (水) 02:28:46 (3795d)